【旅人のコーヒーグッヅ大公開!】アウトドア旅で絶景コーヒーを楽しもう!〜飲もう!編〜

【旅人のコーヒーグッヅ大公開!】アウトドア旅で絶景コーヒーを楽しもう!〜飲もう!編〜

2019-01-08 0 投稿者: shiori

こんにちは、しおりです^^

前回に引き続き、アウトドアでコーヒーを楽しむ「絶景コーヒー」第二弾、「飲もう!」編です。

今回は、私のコーヒーバッグの中に入っている抽出器具をご紹介!

どれを選ぶ?コーヒーの抽出方法

 

img_5435

  さて、突然ですが、ここで質問があります(・∀・)ノ

次のうち、あなただったらどれを選びますか?

①風景だけで楽しむ

②コーヒー片手に風景を楽しむ

③自分でコーヒーを淹れる楽しみを綺麗な風景と共に楽しむ

アウトドアの醍醐味の一つは何と言っても美しい景色が見れること。そこに、コーヒーというプラスαの楽しみを付け加えてみてください^^

同じ豆を使っていても、抽出方法によって全く違う飲み物に変身するのがコーヒー。

「今日は海だからエスプレッソでイタリアの地中海気分〜♪」とか「山ハイキングだから、スッキリ爽やかなペーパードリップで」なんて、アウトドアの風景に合わせて、抽出方法を変えるだけで気分も風景も随分変わって感じられて良いですよ^^

 

1.ペーパーフィルター

 

img_3047.jpg

  ポイント:フィルターは一回使い捨て、ドリッパーは水洗いで簡単に洗いやすく、使いやすさ抜群!しかも軽い^^

  味:ペーパーによって豆の油分や雑味が吸収されるので、スッキリさらりとした味わい♪

スッキリしているので、緑の鮮やかな山の、澄んだ空気の中で飲みたいですね〜^^  

  私が愛用しているのは

「MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip」

とにかく使い勝手が良い!プラスチックなので軽く、組み立て式なので、分解すればカードサイズになって場所を取りません。フィルターはHARIO V60と同じ円錐形のものを使用します。

もともと普段、家では「HARIO V60」を使っていたので、これを持ってこようかと思っていました。が、ドリッパーの形が衝撃にあまり耐えられなさそうなのと、案外大きさがあってかさばるので、何か良いものはないかと探していたら、この「MUNIEQ Tetra Drip」を見つけました!

私のコーヒー道具の中で最も使用頻度の高い、大活躍の抽出器具です^^

2.AeroPress (エアロプレス)

 

img_4575.jpg

  ポイント:誰でも美味しいコーヒーを簡単に淹れることができるのが魅力!

味:淹れ方によってエスプレッソのようなコーヒーから、ハンドドリップ のようなコーヒーまで抽出できます。コーヒーの持つ酸味・コクがギュッと感じられるコーヒー。  

注射器みたいな形が特徴的な

AEROPRESS エアロプレス

フィルターをセットして空気圧でコーヒーを抽出します。プラスチック製で軽く、けっこう頑丈!

コンパクトにまとめても、トイレットペーパー2ロール分を縦に詰んだぐらいの大きなになって、バッグの中で割と場所をとります。それと、パーツが多いので、外だと使った後の洗い物が少し面倒・・・。

それでも持ってきたのは、淹れ方のバリエーションが豊富で、使ってて楽しいから!(o´∀`o)

3.Bialetti (ビアレッティ) ミニエクスプレス

 

img_2718

  ポイント:抽出されるのが見えるので、淹れている時のワクワク感はダントツ!また、使用後は水洗いのみでOKというのも嬉しいですね^^

味:エスプレッソのように濃いコーヒーを味わえます。ミルクや砂糖を入れても、コーヒー自体の味をしっかり感じることができます♡  

 

BIALETTI/ビアレッティ MINI EXPRESS (2cup用)

アルミ製で、最初は金属臭がするので、何度か試し入れをする必要があります。でも、使えば使った分だけコーヒーの油分や香りが本体に染み込んでいき、長年使用すればするほどコーヒーが馴染んで味わい深い美味しいモカができるのです!ということで、どんどん使いたくなっちゃう♪ヽ(o´∀`o)

底が小さいので、アウトドア用コンロの五徳にちょうどピッタリ!手持ちの器具の中では一番重さがありますが、ダントツで頑丈です。上下のパーツに分解するとスリムに持ち運べます^^

外でも濃厚なエスプレッソやカフェ・オ・レが飲みたい〜と思って持ってきました^^ちなみに、カップはエスプレッソサイズの紙カップを使用しています。

4.イブリック(トルコ式コーヒー)

 

img_0869

  ポイント:コーヒーと水を一緒に入れて沸騰させるので、道具はこれ一個でOK^^

味:コーヒーの粉をそのまま煮出すので、どちらかといえばエスプレッソに近い濃いコーヒーです。少しトロッとした舌触りが特徴(・∀・)

銅製のイブリックは熱伝導率がアルミの約2倍、ステンレスの約25倍と優れているので、コーヒーを淹れる以外にも、ささっと素早くお湯を沸かすのにも便利!

5.インドネシア式

img_4648

  ポイント:カップを直接火にかけ、沸騰したお湯に極細引きの粉を入れて混ぜるだけ!インスタントコーヒーと同じで、めちゃくちゃ簡単!

味:どちらかと言えばドリップコーヒーに近い味です。ただし、使っているのはコーヒーの豆を極細引きにしたものなので、コーヒーの粉が沈みきる前に飲むと、ザラザラした舌触りになってしまいます。

 

さあ、お気に入りの道具を持って絶景青空コーヒーを楽しみに行きましょう゚ヽ(o´∀`o)

 

スポンサーリンク スポンサーリンク