治療費3000万円超!の請求された私が勧める長期・ワーホリ向け海外旅行保険大手4社を比較してみた!

治療費3000万円超!の請求された私が勧める長期・ワーホリ向け海外旅行保険大手4社を比較してみた!

2020-02-20 0 投稿者: shiori

 



こんにちは、しおりです^^

今回は海外に行くなら必須の海外旅行保険について。

実際に私も高額請求されて、海外旅行保険に何度も助けられました( ´ ▽ ` )

 

海外旅行保険とは

 

 

どんなに気をつけていても、事故に巻き込まれたり、病気にかかってしまったり。

はたまた盗難にあってしまったり。。

それを補償してくれるのが海外旅行保険です。

 

海外では医療費が高額だというのは有名ですよね。

万が一、怪我や病気になったら初診料だけで500ドル、プラス治療費300,000ドル、

薬1シート6錠に500ドル、さらにそこに手術費用や入院費に救急車の費用などが加算されて・・・

合計すると3,000,000ドル、日本円にして3000万円を超える治療費が請求される。。。

なんてこともよくあります。

 

実際私は、ワーホリでオーストラリア滞在中メルボルンで、とてつもない腹痛と不正出血になり病院へ運ばれました…

そこで診察と検査、薬を処方されたのですが、

それと同時に高額請求が。

その額、トータル3500万円

そんな高額な治療費、即金でなんて支払えないですよ、、。

 

無理です。泣 (ToT)

助けられて「死ね」って言われてるようなもんです。泣 (ToT)

 

また別の時には盗難に遭い、買ったばかりだったiPhoneを盗まれた事もあります…涙

まだ買って1週間だったのに(;ω;)

 

でも!

海外旅行保険に入っていれば、こんな高額請求がきても大丈夫!

盗難や物品に対する損害賠償もしてもらえる!

トラブルに対する処理もしてもらえる!

海外旅行の強ーい味方が海外旅行保険なんです^^☆

 

どれがいい?海外旅行保険の選び方

 

 

海外旅行保険に加入する時も自分に合ったプランを選びたいですよね。

では、何を基準に保険プランを選べばいいの?

 

次のことをポイントにして選ぶと、自分にあった海外旅行保険が見つけやすいです^^

 

どんなケースが補償対象なのか?

 

 

どんなケースが補償されるのかは最も重要です。

 

  • ケガや病気になったとき医療機関受診の場合の医療費。
  • 救急車などのによる救助支援にかかる費用。
  • 後遺症、死亡に対する補償
  • 盗難にあったときや携行品の損害に対する補償。
  • 物品を破損してしまったときの個人賠償。
  • 飛行機の遅延やキャンセルでの補償。

 

これ↑は必須条件。

プラス

 

  • 歯の治療費はカバーされているのか。
  • 家族が日本から来る場合の渡航費はカバーされているのか。
  • 病院で診察してもらう時に、キャッシュレスで受診できるのか。

 

ということも考えておいた方が良いですね。

 

万が一のときに補償される金額は?

 

 

補償される項目はほぼ同じでも、保険によって支払われる金額が異なる場合もあります。

 

【海外トラブルでどの項目でよく保険金が請求されているのか】

【提示されている補償金額でどれだけカバーできるか】

 

ということを考慮してチェックしましょう。

 

特に、海外先進国(アメリカ、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ諸国など)では

ちょっとしたケガや風邪でも、病院で診てもらうとかなり高額な治療費が請求されます。

なので「治療・救援費用」は最低1000万円以上、できれば無制限のものを選ぶのをオススメします。

 

申込方法は?

 

 

オンラインで申込ができるものもあれば、書面契約のみの海外旅行保険もあります。

 

保険期間が長ければ長いほど、掛け金が高ければ高いほど

書面契約での扱いになる傾向があります。

しかし、たいていの場合はオンラインで加入することができます。

 

また、オンライン限定割引プランなどもあります。

なるべく掛け金を安く抑えるには、オンラインでフリープランを組み合わせるのも一つの手です。

 

サポート体制はどうか?

 

 

病気になった!怪我をした!盗難に遭った!

困った!!となった時、

 

どこの病院に行けば良い?

警察への届出はどうする?

全部ちゃんときっちり英語もしくは現地の言葉で完璧に説明できる?

 

パニックになって焦ってしまいますよね?

 

そんな時に24時間体制でサポートしてくれ、日本語と現地の言葉での通訳もしてくれるサポートデスクがあれば心強いですよね^^

 



 

大手保険会社の長期海外旅行保険を比較!

 

 

一口に海外旅行保険と言っても1日の超短期から1年以上の長期まで

さまざまな種類の海外旅行保険があります。

今回は

長期滞在・ワーホリもカバーできる保険ということで

1年以上カバーしてくれるプランを中心に比較していきたいと思います^^

 

AIG損保(旧AIU保険)

 

 

ワーホリ・留学生向けの保険が充実している保険会社。

特に、オーストラリア留学をサポートしているアイエス留学と連携しているので

オーストラリアへ留学やワーホリに行く人にはかなり強い味方です!

 

私もワーホリでオーストラリアに行った時にAIGのオンラインプランに加入していきました。

 

オススメのプランは『オンラインプランIW4

世界中55万箇所の医療機関でキャッシュレスで受診可能。

365日24時間の日本語サポートも万全です。

 

保険料246,560円
傷害死亡1,000万円
傷害後遺症傷害30〜1,000万円
治療・救援費用無制限
失病死亡1,000万円
個人賠償責任1億円
生活用動産
(家財・身の回り品等1個あたり10万円限度)
(乗車券航空券等の場合は5万円限度)
50万円
航空機受託手荷物遅延×
航空機遅延×

 

歯科をカバーするプランや、フラットでの空き巣などの盗難にも対応してくれるプランなどもあります。

特に歯科をカバーしてくれる海外旅行保険は少ないので、ここで選べるのはかなり嬉しいですね!

ちなみに、ドイツのワーホリは歯科をカバーする保険に加入必須です。

オンライン資料請求はこちら



 

東京海上日動

 

 

世界80都市の提携医療機関でキャッシュレスで受診することができます。

トラベルプロテクトで緊急時の現金手配や、パスポート紛失時のサポートも万全!

 

おすすめのプランは『留学生・ワーホリプラン基本タイプS2

 

保険料219,420円
傷害死亡3,000万円
傷害後遺症傷害3,000万円
治療・救援費用無制限
失病死亡1,000万円
個人賠償責任×
(別途オプション)
生活用動産
×
(別途オプション)
航空機受託手荷物遅延×
(別途オプション)
航空機遅延×
(別途オプション)

 

基本プランに賠償責任特約や生活用動産損害担保特約など、必要に応じて自分でプランをアレンジすることができます。

※2020年4月より保険料の改定があります。上記の表は2020年3月末までの出発分の保険料です。

 

ジェイアイ損害火災

 

 

旅行大手JTBとAIG損保グループとの合弁会社。

なので旅行保険のためにできた会社とも言えますね。

スマホアプリで提携病院の場所を見つけたり、トラブルごとに対処法が載っているのでとっさの時に便利!

リピーターの人には掛け金が3%割引になるリピート割もあります。

 

おすすめプランは『t@biho(たびほ)保険料節約プラン

保険料は抑えつつ、最低限の基本的な補償はしっかりと確保できます。

 

保険料199,680円
傷害死亡1,000万円
傷害後遺症傷害1,000万円
治療・救援費用3,000万円
失病死亡1,000万円
個人賠償責任1億円
生活用動産100万円
航空機受託手荷物遅延10万円
航空機遅延2万円

 

「t@bihoたびほ」は海外wifiレンタルサービスで有名な「イモトのWiFi」との提携も開始。

契約した人には付帯サービスとして「イモトのWiFi」を15%割引のおトク価格で利用できるプラン「たびトク」があります。

 

チャブ損害保険

 

 

スイスが拠点の、54ヶ国で事業展開しているグローバル保険会社。

130年以上の実績とノウハウがあり、AIG損保(アメリカ)と並んで世界的大手保険会社のひとつに挙げられます。

チャブ海外旅行保険では、本人の治療費は当然のこと、家族が駆けつける際の渡航費や宿泊費も補償します。

また、海外旅行前にかかっていた病気が渡航先で悪化した!という場合にも補償があります。

 

おすすめプランは『デンタルプランAC4

 

保険料252,200円
傷害死亡1,000万円
傷害後遺症傷害1,000万円
治療・救援費用無制限
失病死亡1,000万円
歯科治療費用5万円
個人賠償責任(滞在用)5,000万円
生活用動産(滞在用)
60万円
航空機受託手荷物遅延10万円
航空機遅延2万円

 

歯科をカバーできる保険プランをいち早く販売した保険会社ということもあり、やはり歯科プランが手厚いです。

また、スーツケースの破損の時は提携している修理業者を紹介してくれたり細かいサービスも行き届いています。

 

まとめ

 

 AIG損保東京海上日動ジェイアイ損害火災チャブ損害保険
キャッシュレス治療
世界55万の病院・医療機関

提携の約280病院

世界120か国の提携病院

世界約400病院
緊急時の日本語サポート
24時間・365日

24時間・365日

24時間・365日

24時間・365日
保険加入証明書
6か国
(英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語)

7か国
(英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・韓国語・中国語)

7か国
(英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・中国語)「t@bihoたびほ」の場合

8か国
(英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・韓国語・中国語)
歯科治療プラン×
留学・32歳以下・6ヶ月以上の滞在用

留学用のみ
アパート・借家用賠償プラン
留学用のみ
契約可能な保険期間
5年
(インターネットの場合は1年)

2年
(インターネットの場合は6ヶ月未満)

5年
(インターネットの場合は1年以内)

1年
(インターネットの場合は92日間まで)
申込期限
出発60日前から出発日当日まで

出発3ヶ月前から出発日当日まで

出発3ヶ月前から出発日当日まで

出発45日前から出発日当日まで

 

せっかく海外に行くのだから

不安のタネは取り除いて、めいっぱい旅行を楽しみましょう♪