エジプト警察と自転車旅1400km③

エジプト警察と自転車旅1400km③

2019-10-03 1 投稿者: shiori

警察の護衛とともに旅はまだまだ続きます。

 

警察と旅するエジプト自転車旅1400km③

 

Nagaa Hammadi – Qena

 

カイロからNagaaHammadiまではずっとナイル川の西側を並走するAswan Western Agricultural Rdを走ってきましたが、

ここでナイル川を渡ります!

 

 

 

こうやってみたら普通の川やん。

実際はめっちゃ汚くてクサイけど。

クサイのと砂埃のため、マスク必須!

 

 

鉄道も車もみんなこの橋を渡ります。

地元民が言うには、この橋は有名らしいです。

なんでか知らんけど。

 

 

これまでより農地と砂漠との距離が近くなってきました。

気温もカイロから徐々に高くなってきている気がします(本日は42度。)

Nagaa Hammadi – Qena 間は約60kmで警護の交代は3回。

いつも通り20kmごとに交代です。

 

 

もう、ここまできたらこの頻繁な交代もすっかり慣れますね(・∀・)

昼過ごろQenaに到着。

Qenaの市内中心部にチェックポイントがあります。

ここは紅海のリゾート地・フルガダ方面、カイロ方面、ルクソール方面への交差点となる町だからか、ちょっと厳しめのチェックポイントのようで、外国人が乗っていそうなタクシーが頻繁に止められていました。

とは言え、私たちはもともと護衛がついているのでこのポイントで特に何かあるわけでもなく、ただ「どこに泊まるのか」と質問されただけで済みました。

 

Qenaの宿泊施設

 

Qenaはこれまで町と比べると割と大きめの規模なので、宿泊施設も結構あります。

私たちが泊まったのは

 

New Palace

部屋:少し狭め

2ベッド・冷蔵庫・ホットシャワー・トイレ・AC・TV

エレベーター あり

180EGP/泊

自転車保管スペース あり

市街地のメインストリートへは徒歩15分弱ですが、周辺には飲食店も商店もあります。

ホテルの1階にはレストランもありますが営業していなかったので近所のケバブ屋さんへ。

 

 

ここ、ひっきりなしに地元民が買いに来てました。

ソーセージ挟んだのが美味しかった♪( ´  ∀ `  )

 

周辺を出歩くと「チャイナー!」攻撃が凄まじいですが、ホテルのすぐ隣の商店で店番している若い兄ちゃん(太ってないほう)は英語が少し話せるので、困ったら助けてくれます。

 

Qena – Luxor

 

今日も当然、朝から警察を待って、荷物を積んで出発。

Qena – Luxor間は約70km、警護の交代は2回でした。

やっぱ交代が少ないとスムーズに進むね!(・∀・)笑

このQenaからの道は観光バスの交通量が多いです。(特に午前中)

 

 

きっと、カイロやフルガダからの便でしょうね〜。

窓から欧米人の団体がめっちゃ手を振ってくれました^^

また、この道は整備されていて道幅は割と広く、道路の両脇には街路樹や花も植えてあって綺麗です。

 

 

しかも木陰ができるおかげで気持ち涼しくて走りやすい♪

 

 

サイクリング気分で順調に漕いでいると

Luxorの手前5kmのところにバリケードの張った大きいチェックポイントがあります。

(地図のいチェックポイント)(は市内入り口の簡易チェックポイント)

 

 

ここでまた止められ、「どこに泊まるんだ」「何日泊まるんだ」としきりに聞かれたので、またここで護衛車が変わるのかと思いきや、、

 

警護はここまで。

 

この先は自分達で行けとの事。

 

 

久々の荷物つき自転車!!

 

荷物、重っ!

急に向かい風!!

 

ホテル聞いたんやったら最後まで荷物運んで欲しかったなぁー・・・。



Luxorの宿泊施設

 

Luxorは言わずと知れた観光地なので、高級ホテルから安宿まで幅広く数多く揃っています。

久しぶりに見所の多い街だったので1週間滞在して、その間に3つのホテルに泊まりました^^

 

Rezeiky hotel and camp Luxor

 

部屋の広さ:普通

2ベッド・ホットシャワー・バスタブ・トイレ・AC・TV

プール・レストラン・飲料水マシーン あり

自転車保管スペース あり

 

ここは直接行くよりも、Booking.comで予約した方が安く泊まれます!

私たちは予約なしで直接行きましたが、オーナーに値段交渉してもBooking.comでの価格の方が交渉後価格より安かった(なんで?!)ので、その場でBooking.comで予約し、宿泊しました。

カルナック神殿までは徒歩10分ほどで行けます。

久々のバスタブが嬉しかった〜

 

Aracan Eatabe Luxor Hotel

 

部屋の広さ:普通

2ベッド・ホットシャワー・トイレ・AC・TV

プール・レストラン・Bar・飲料水マシーン あり

自転車保管スペース あり

 

中庭のプールは大きくて気持ちいい

とにかく部屋もトイレも綺麗だし、ベッドも快適〜
やっぱ、水回りがちゃんとし綺麗に掃除されているのがいいね^^
ルームサービスもしてくれます。
ナイルビューの部屋からは、遠くに小さーく王家の谷っぽいものを見ることもできます!

ここは2日間泊まりましたが、その間ほぼ外出せず快適なホテル内に引きこもってました。(๑•∀•๑)
ルクソール神殿までは徒歩約10分ぐらいです。

 

Gland Hotel

 

部屋の広さ:せまい

2ベッド・ファン

共同トイレ・共同シャワー・共同キッチン あり

 

Luxor駅から徒歩5分ほどのところにあって、立地は抜群です!

近所にはアルコールショップもあります。

ただ、部屋は古く、ファンだけなので夜になっても部屋の中は灼熱。

オーナーのおっちゃんは会うたびにチャイを勧めてくるイイ人でした。

 




 

24時間警護から解放!

 

 

ルクソール市内はもう完全に自由うぅ〜♪ ヽ ( *  ´   ∀  `  ) ノ

もう久々の開放感に歓喜の祭りです^^

 

なんでLuxorで解放されたか

 

Luxorで久々の自由を得たのが嬉しすぎて歓喜雀躍していて気にも留めていなかったのですが、

 

そもそも何でここで警護が無くなったのか?

 

理由は、、、

 

ここLuxorが観光地だから

 

Luxorは1歩外を歩けば8割外国人観光客じゃないかってぐらい外国人が多いんです。

なので、そんな中で私たちだけ特別に警護すると・・・

 

どうなるか分かりますよね?

 

逆に悪目立ちして、下手すると狙われる可能性があるのです。

しかも、他の観光客にも「何事だ」と思わせてしまうかもしれません。

外国人がいるところに外国人の私たちを放り込んでしまった方がかえって良いのです。

 

"no-img2″
しおり

しつこい客引きやボッタクリは相変わらずウジャウジャいますけどね。

まぁ、ボッタクリはエジプトの国技だから諦めてくださいww

 

主要観光施設の周りには必ず警官とツーリストポリスがおり、街中でも警察がそこら中にいます。

私服警官もたくさん紛れ込んでいます。

それに加えLuxorの入り口にもバリケード付きチェックポイントですからね。

 

人も今まで通ってきた、そこら辺の田舎の村々とは全然違います。

町の人間は外国人に慣れています。

 

田舎では止まったら「チャイナチャイナ!」言いながら人が集まってきて

秒で囲まれてしまい、トゥクトゥクでぶつかってきたり、勝手に写メ撮りまくってきたり。

警察の護衛が付く前の田舎で休憩中に、少し目を離した隙に子供が自転車の反射板を盗んでいったりもしました。

 

 

なので警察が買い物もトイレも銃を構えて付いてきます。

寄ってこようとする奴らがいれば怒鳴り散らし、銃を構えて威嚇。

 

24時間の監視はストレスでもあるけど、

警護がなかったらLuxorまでの道は正直キツいでしょうね。

 

なんだかんだ言っても警察さまさまだったなー。

さあ、Luxorでは自由行動を堪能するぞ〜♪ヽ( * ´  ∀ `  ) ノ !!!

 

つづく